キャバ嬢で失敗しないために注意しておくこと

ずばり言いまして、キャバ嬢においても、成功するコツは真面目な勤務態度です。

それはキャバ嬢をはじめたばかりの時ならず、指名が多くなってきて、ちょっと仕事に慣れ出したときでも同じです。

 

たとえば「時間厳守」もそうです。

なにも出勤時間よりも30分以上早く来いとは言いません。

 

ただ、決められた出勤時間を守るだけでも良いのです。

しかし、それができていない女の子も、実は結構多いのです。

 

無断欠勤でペナルティーをとられるキャバクラもありますので、無断欠勤はないにしろ、10分20分の遅刻は当たり前的な勤務態度の女の子もいます。

しかしそうは言っても、いくら遅刻しようがお店への勤務態度なんて、お客さまにはわかりませんよね。

けれども、当然ですがお店の従業員にはしっかり伝わっているのです。

 

また、お店の従業員への態度が冷たいですとか、横柄な対応をするといったことも、お客さまにはわかりませんが、しかしお店の従業員はイヤーな気持ちになります。

当然そのような態度をとるような子への好感度は低いものです。

 

するとどうなるかと言いますと、お店の従業員がピンチの時に積極的には助けてくれなくなります。

お客さんに絡まれているときに、男性スタッフからの絶妙なヘルプも出してくれなくなるかも知れません。

そうなると、仕事に支障は出てしまいますよね。

お客さまの不満の矛先は、キャバ嬢へと向けられるわけですから。

 

また、良いお客さんを付けてくれるかどうかも、お店の従業員のさじ加減によるところも、実は結構大きいですから、だからこそお店の従業員にも心地良い態度をとることを決して忘れてはいけません。