キャバ嬢は個人商店のようなもの

キャバクラで働くキャバ嬢は、成功すれば通常では稼げないほどの収入を手にすることが出来るまさに夢のようなお仕事です。
よくドラマなどでキャバ嬢などの接客風景を演じていますが、どれも適当に客と話をしているだけなので、ドラマを見た人はキャバ嬢の仕事は簡単だと思いがちです。

 

しかし実際のキャバ嬢の仕事は決して楽なものではなく、実はキャバ嬢は非常に知性と品性、そして誰よりも気が利くということが必要な仕事と言えます。
来店されるお客様はお得意様出ない限り毎回違うわけですから、どんな人が来店されても対応できるだけの知識が必要になります。

 

新しいニュースはもちろん、スポーツや政治、世界の情勢に至るまで頭に入れておくほうがキャバ嬢として成功しやすいと言えます。
もちろん見た目にも気を配る必要があり、ただ派手なだけではなく化粧や衣装にも気品と品性を漂わせる必要があります。

 

やはり見た目が凛としているほうが、お客様ウケも良くなります。
キャバ嬢で成功するためには、固定客をしっかりと抱えて離さないようにすることが重要になります。

固定客がたくさんいれば、常に安定した収入が確保できるわけですから、自分を目当てにまた来てもらえるように日頃のフォローも欠かすことが出来ない仕事です。

 

キャバ嬢はいわば個人商店のようなものですから、固定客を増やせば増やすほど人気が上昇しますし、人気が上昇すれば収入もそれに応じてどんどん増えるわけです。
ですから成功したいのであれば、ただお客の顔色を見て愛想を振りまいているだけでは限界があります。

 

「どうすればお客様が喜んでくれるのか」、「どのような話題なら退屈させずに済むのか」、「帰られた後のフォローをどのように行えばまた来店してもらえるのか」などを自分なりに研究して、身に着けていきましょう。